骨粗鬆症とはどんな病気?

症状

骨粗鬆症リエゾンサービス

『骨粗鬆症』とは骨の量が減り、質も劣化して、骨の強度が低下して骨折を 起こしやすくなった状態です。骨粗鬆症になっても痛みはないのが普通です。
しかし、ちょっとしたはずみで背骨が骨折したり、転んだ時に手首、太ももの つけ根など骨折が生じやすくなります。
骨折すると、その部位が痛くなり動けなくなります。背骨が一つ、また一つと つぶれていくと、背中が丸くなったり、腰が曲がったりして、歩きづらくなって きます。

原因

骨粗鬆症リエゾンサービス

骨の中では、古くなった骨が吸収されて新しい骨が形成されることが繰り返されており、骨吸収が骨形成よりも盛んになると、骨がスカスカになってきます。
男性にも見られますが女性に多く、主に閉経後のホルモンバランスの崩れによって起こります。他には老化や遺伝的な体質、偏食や極端なダイエット、喫煙や過度の 飲酒、家の中に閉じこもり外出しない生活習慣などが原因になります。続発性骨粗 鬆症では、甲状腺機能亢進症、副甲状腺機能亢進症、関節リウマチや糖尿病などの病気や、胃の切除、ステロイド剤の長期服用なども原因になります。

予防と治療

予防:骨粗鬆症は予防が大切で、運動と食事(栄養)がその基本です。

骨粗鬆症リエゾンサービス
  • カルシウム・ビタミンD・ビタミンK・タンパク質を摂取するよう心掛ける。
  • 散歩や片足立ち運動・日光浴(15~30分程度)をする。
  • 杖をついたりして転ばないように注意する。
  • 禁煙し、アルコールは控えめに。
  • 過度なダイエット、偏食を避ける。

治療:

骨粗鬆症リエゾンサービス
  • 薬には以下の種類があり患者さんの状態に合わせて選択します。 骨吸収製剤・骨形成促進剤・痛みをとるもの・ホルモン剤や各種 ビタミン(D・K)剤など
  • 骨折には、それぞれに応じた手術やギブスによる治療が必要です。
  • これまでに骨折したことがある人は、骨密度が正常でも治療を開始 することがあります。


骨粗鬆症のご相談は当院の『骨粗鬆症マネージャー』が対応いたしますのでお気軽にお声かけ下さい。

医療法人和会 武蔵台病院
TEL:042-982-2222
骨粗鬆症リエゾンサービス 骨粗鬆症マネージャー

骨粗鬆症マネージャーのご紹介

リエゾンサービスって何?

リエゾンとは「連絡係」と訳され、診療におけるコーディネーターの役割を意味します。
その目的は、最初の骨折への対応および骨折リスク評価と、新たな骨折の防止、また最初の脆弱性骨折の予防であり、サービスの提供対象は大腿骨近位部骨折例、その他の脆弱性骨折例、骨折リスクの高い例や転倒リスクの高い例、高齢者一般です。

骨粗鬆症マネージャーとは?

骨粗鬆症診療支援コーディネーターの役割を担い、骨粗鬆症に関する知識を有するメディカルスタッフで2014年から実施している資格認定試験にて合格した者を『骨粗鬆症マネージャー』と呼びます。

骨粗鬆症が心配と思ったらご相談を

当院では現在4名の『骨粗鬆症マネージャー』が在籍しておりますので骨粗鬆症のことはお気軽にご相談ください。

当院の骨粗鬆症マネージャー

骨粗鬆症のご相談は当院の『骨粗鬆症マネージャー』が対応いたしますのでお気軽にお声かけ下さい。

kangofu
外来 看護課
課長 香川 雅江
外来看護師 鈴木 光子
外来看護師 大久根 晃代
回復期リハビリテーション病棟 看護課
課長 石川 勤子