整形外科とは

整形外科

体を動かすために必要な部分を運動器といい骨、関節、靭帯、腱、神経、筋肉などが含まれます。整形外科とは、これらの運動器の病気や怪我を診療する科です。
当科では腰痛から肩こり、変性疾患やスポーツ障害など整形外科疾患全般の診断、治療をします。今後の骨折を予防するため、骨粗鬆症治療にも力を入れております。

院内には骨粗鬆症リエゾンマネージャーを配備しており、皆様の悩みに耳を傾けられるような環境を作っております。急性期医療では手術治療から始まり、回復期病棟では機能回復を目的として、在宅復帰のお手伝いをします。在宅復帰後は関連施設が一丸となり介護保険を使用した維持リハビリやケアを行い、日常生活のサポート、身体機能低下の予防に努めます。

患者さんの悩みを親身になってうかがい、生き生きとした生活を取り戻すお手伝いをします。

主な手術名

  • 人工関節置換術、腱鞘切開術、腱縫合術、骨折観血的手術、偽関節手術、関節内骨折観血的手術、手根管開放手術  等

主な特殊検査

  • MRI、CT、骨密度検査

整形外科医のご紹介

常勤医師 整形外科部長 河野 義彦
埼玉医科大学 非常勤講師

略歴| 平成14年 獨協医科大学医学部卒業
専門分野|骨粗鬆症、救急外傷、関節外科、関節リウマチ
資格
・日本整形外科学会専門医
・日本整形外科学会認定リウマチ医
・日本救急医学会救急専門医