令和4年度 理事長 ごあいさつ

2022年4月17日

新年度ご挨拶

気候の変動が激しく寒暖差がある日々ですが、新しい年度を迎えられたことを皆様方に感謝申し上げます。本年度、医療法人和会は11人の新入職員を迎えました。当地域ではきたる2040年には高齢者人口は維持され、60歳以下の労働者人口が減少する事が概ねわかっております。若いやる気のあるスタッフを迎えて非常に頼もしい次第です。2022年度は法人の目標として「気持ちいい職場つくり」を掲げて業務に取り組んでいく所存でございます。皆様に感謝してもらえるような職場をつくり、職場環境を整えて、患者様、ご利用者様を含めて、私たち職員も気持ちよく働ける環境が現代社会には必要と感じての目標となっております。2016年から行っている地域を元気にしようというプロジェクト武蔵台健幸塾では「弱点を克服して人生100年時代を生き抜こう」というテーマでより一層皆様に元気になって頂きたく5つのテーマを用意して取り組んでまいります。詳しくはホームページの健幸塾の欄をお目通しください。私共、和会法人のスタッフはいつも地域の皆様に支えられております。地域の皆様の元気な姿をみて喜びを感じ、ときに励ましのお言葉を頂く事度にパワーを頂いております。本年度も地域の皆様に元気になって頂いて、活気のある街づくりに貢献したいと思っております。本年度もよろしくお願いいたします。

追伸
本年は年度初めから行動制限をせざる負えない状況がありまして発信が遅れてしまい申し訳ございません。お詫び申し上げます。

医療法人和会
理事長 河野 義彦

令和3年度 理事長 ごあいさつ

2021年4月1日

本年は新たな決意をもった17人の新入職員を迎えました。振り返ると2020年2月から我々の生活を脅かし続ける新型コロナの対策で翻弄された年でありました。組織として感染予防の体制を整えて、不安定で不確実な環境下でも診療、介護を継続できる体制を強化してまいりました。外来入り口には検温システムを導入、発熱者等の感染症が危惧される方が別動線で診療が可能となる特別外来を新設いたしました。また外来待合に関しましても各席にパーテーションを設置し感染リスクを低減したうえでの診療を可能としております。

何より素晴らしいのは当院の職員に1年感染例が一例もなく経過しております。なにより職員のプロとして責任意識の高さに感心させられると共に感謝する次第でございます。本年度もまだまだ感染蔓延のリスクは消えたわけではありません。地域の医療介護を守るべく、策定した事業継続計画も活用しつつ、盤石な体制を保つ次第です。厳しい世の中ですが本年も地域の医療介護を継続して担えるよう精進いたします。

医療法人和会
理事長 河野 義彦